ヘタレほど人間関係の棚卸しは大事│高校の部活の同窓会を捨てた話

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

 

私は高校時代の部活の友達との集まりを

捨てた(というか放置した)

経験があります。

 

自分にとって、

「必要ないな」

と思った集まりだったから。

 

そしたら、すんごく楽になりました。

お誘いがあるたびに

「あー・・・」と憂鬱にならずに済むし

 

みんなが喋ってるのを聞いてる間に

「つまんないな」「この時間何なんだろうな」

と思って嫌気が差すこともなく。

 

超ストレスフリー!です。

 

今は会いたい人とだけ会う。

中身の濃い話ができる人とたくさん話す。

 

そんな生活をしています。

楽しい。

 

今回は、

自分に必要な人間関係は

「選んでいいんだよ」 

ということについて話していきます。

高校時代はなくてはならない存在だった

私は高校時代、友達をつくるのがめちゃくちゃ下手でした。

 

学校のクラスメイトって

住んでる地域とか、学力とか、

人間性とか価値観とか全く関係ないくくり方で集まってるので

 

ホントいろんなタイプの人がいますよね。

 

私は女子高に通っていたのですが、

女の子だらけだとしてもそれは同じで。

 

明るくてかわいくておしゃれに敏感で

「彼氏欲しい☆」

みたいなタイプもいれば

 

徹底的に鉄道や特定のアーティストやキャラクターにドはまりして

「○○は神」「○○は俺の嫁」

みたいな人もいるし

 

逆に

「もう学校休んじゃえば?」

っていうくらい

何もかもめんどくさがる人もいて。笑

 

私はその中のどのカテゴリにも

うまくなじめなくて、

完全にクラスで孤立してました。

 

だから、部活での

「比較的クラスメイトよりなじみやすい人たち」

との関わりに、すごく大きな価値を感じていました。

 

在学中は彼女たちと、

休みの日にカラオケに行ったり

映画を見たり

買い物したり

それなりにみんなと遊ぶのが楽しかったので

頻繁に関わることに何も問題は無かったんですよね。

 

将来の話とか

人間関係とか

結構真剣に話し合えるメンバーもいました。

大学に行って会う頻度が減った

大学に行くようになると、

みんなそれぞれ日本全国に散ってしまい、

会う機会は減ってしまいました。

 

盆暮れ正月のどこかで、1年に1回会えれば上々。

 

たいていはご飯を一緒に食べて、ひたすら近況報告したり

プリクラをとったり。

(まだ20代前半でしたしね)

 

このころには正直

プリクラの価値は私にとっては限りなく意味のないものになっていて

「こんなの何枚もとってどうするの?」

と思ってました^^;

 

でもこのころも、みんなに会うことが目的だったし

 

「たまにしか会えないのだから、これくらいは」

 

と思ってあまり気にかけずにいたんですね。

 

ふと気づいた。「つまんない」

社会人になって、さらに会う機会は減りました。

 

それぞれに仕事があって、

盆暮れ正月も他の予定が優先されて。

 

地元に残った子が

「久々にみんなに会いたい!」

と招集をかけて、何人かが集まる

 

そんな感じになっていました。

 

私も地元で仕事をしていたけれど、結婚を機に実家を出て

隣の県で夫と暮らしていたので

なんとなく足が遠のいていたのは事実でした。

 

招集があって、

「久しぶりにみんなの顔見に行くか~」

くらいの気持ちで2年ぶりくらいに参加したんですね。

 

 

そしたら。

 

すごくつまんなかったんです。(本当に申し訳ないけど)

 

集まって話される会話の内容は

・もう何度繰り返したかわからない高校時代の話

・いじられキャラだった子をひたすらにいじり倒す

・アプリで顔を編集しあってきゃっきゃする

 

くらいで。

 

最近どんなことがあったか

それぞれどんな仕事をしてて、それに対してどう思ってるのか

結婚した友達に対して「その後の生活はどう?」と聞いてみたり

こんなこと始めたよとかあんなところに行ってきたよとか

 

そういう経験談や思いに関する深い話が聞きたかったのに

誰も話さないし、別に興味もない感じ・・・。

 

このころには完全にみんなと私とで

価値観が合わなくなってたんですよね。

  

言ってみれば、一部のメンバー同士でふざけてるのを

残りのメンバーが微笑み(というか苦笑いし)ながら見守る時間。

 

集まったメンバー全員が近況報告をするでもなく

自分の価値観をシェアするでもなく

新しく知った面白いことを話すでもなく

 

なんなら会社や人間関係の悩みや愚痴が話されることすらなかった。

 

自分の濃い話を相談する間柄ですら、無くなってたんですね。

(うがった見方をすれば、私がいないときは話していたのかもしれません)

 

高校、大学生活はそれでもまぁよかったけど

社会人になって、みんなそれぞれに苦い思いや経験があるはずなのに

 

それをまったく出さないで、

わざわざ集まってただふざけて(私はそれを眺めて)帰る。

 

「なんだこれ、つまんない」

率直にそう思いました。

 

自分に興味を持ってもらうこともなければ

他の人の話に興味を持つこともない。

 

そんな集まりに、何の意味があるんだろう?

そう思って、集まりに参加することはなくなりました。

結婚式は呼ばなかった

そんなことがあったので、

迷ったけれど結婚式に招待するのはやめました。

 

私は彼女たちのことが嫌いなわけではありません。

 

会えたら嬉しいし、

個別で会ったらもっといろんな話が聞けるのにな

って思います。

 

でも、

「みんなで集まると」個が消える。

 

群れでいると、私も遠慮して意見が言えなくなる。

 

そんな状態になっていたので

複数で集まる価値が感じられなくなってたんです。

 

結婚式だってひとりひとりとじっくり話せるわけじゃないし、

価値観が似ている数人だけ呼んでも後で角が立ちそうで。

 

かといって全員結婚式に呼んでもたぶん

またあの「ただふざけて帰る時間」になるのだろうな、とは思っていたし。

 

だから申し訳ないとは思ったけれど、

呼ばない選択をしました。

 

 

後になって、「言ってほしかった!」と言ってくれて

家までアルバムを眺めに来てくれた子もいたけれど

 

それ以外の子はこれと言って何もなく。

私もそれに対してどう思うということもなくて。

 

浅い話しかしてこなかったせいでお互いに興味がなくなってるんだろうな、

というのを再確認したように思います。

 

本当に自分にとって価値ある人間関係を残す、ということ

以来、私は自分にとって必要な関係が何かということにシビアになりました。

 

相手に興味を持てるか?

自分に興味をもってくれるか?

 

このどちらか、できれば両方を満たさないと、

関係って自然に薄くなっていきますよね。

 

結局人って、「自分にメリットがないこと」を続けていくのは不可能で。

 

ただつながること、集まることに依存してしまうのは、

すごく苦痛なことだと思うのです。

 

それって結局孤独を避けるために、集まってるわけで。

 

一緒に過ごす時間が楽しくないなら

それはあまり自分にとって良い時間とは言えないかなって。

  

事実、「いかない」と決めるまでの私は

正直ちょっとつらかったから。

 

「面倒くさいな」

「お金と時間がもったいないな」

 

そう思っちゃうくらいなら、行かなくていいんだ!

と気づくのに、何年もかかってしまいました。

 

さっきも言ったけど、「みんなで集まると個が無くなる」だけで、

機会があれば彼女たちと個別で会ってみたいとは思います

 

でも、彼女たちが私と会うことに価値を感じないかもしれません。

 

そこはもう、縁というか、

きっかけまかせでいいのかなって。

 

まるきり会いたくない!と決めるのではなくて

「置いとく」って感覚に近いです。

 

それよりも私が大事にしたいのは 

「残すものはなにか」

「エネルギーを使って今繋がりたいのは誰か」

ということ。

 

捨てる(置いとく)関係に意識を向けるのではなく

自分にとって価値あると感じた人たちとの関係を、大事に大事に育てていく。

 

もしそれで、相手が私に価値を感じなくて離れていったら、

それはそれで。

 

私が悪いのでもなく、相手が悪いのでもなく。

 

そういう時期に差し掛かったのだな

と思うようにしています。

 

だって私のこれからの人生に影響するのは

捨てた(置いといた)ものじゃなくて

残ったもの(今触れるもの)だから。

 

そんな風に、

徐々に考え方や付き合う関係が変わっていくのが人生なのかな

と私は思います。

 

私にとっては

高校時代は彼女たちしかしがみつけるものがなかったけど

 

自分にとって価値のある関係が他にたくさんできたから

もうそのコミュニティに依存しなくてよくなったんでしょうね。

 

そういう意味では

人間関係の変化って「成長」の証

だと思います。

 

今いる集まりが居心地悪いのに、それを捨てられないとしたら

新しいコミュニティを増やす良い機会だと思います。

 

ぜひ、今の自分に合う人との関係を自分で選んで、

心地よい生き方をしていきましょう。

 

「そんな出会ありません泣」

って人は、メルマガを通して私とお話してみませんか?

 

私は人の内面に関するお話が結構好きで^^

メルマガを通して読者さんとそんな話をするのが日々の楽しみです。

 

ついでに私が持っている「人間関係の秘訣」なんかも紹介したりしているので

今の人間関係に悩みをもたれているかたはぜひ。


私は、自己否定・超ネガティブ思考・人間不信とボロボロの精神状態から、多くの学びを得て問題解決力をつけてきました。

 

そのおかげで現在は、不安のない、自分の価値観に合った心地よい人生を送っています。

いきもが自責と不安と失望で真っ暗な状態から人生を180度変えた物語とブログの理念はこちら 

 ブログに書けない話は無料メルマガで発信中です。

心理学、宗教学、哲学、幸福学、人間行動学から学んだ、

「人に振り回されずに自分の求める人生を作り上げる方法」や 

「ありのままの自分」を受け止め

人との良好な信頼関係も手に入れて

自分らしく穏やかに快適に暮らすためのヒント になる情報を

無料のメールマガジンで発信しています。

詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。