最近の挫折とそこから立ち上がった話

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

 

最近ね、色々さぼってたんです( ;∀;)

やらなきゃいけないことから逃げてたんです。

 

やってはいたけど、満足できる努力じゃなかったというか。

 

そんな自分にようやく気付いて、

「これはいかん!」と奮い立った気持ちを

ダイレクトに書いたので、公開します。

 


挑戦するというのは、

自分の「できない」「ダメな部分」とひたすら向き合うことだった。

 

私は今、大きな挑戦をしています。

 

今までやったことのない経験ばかりで、

正直転んでばかりです。

 

新しいことや自分の知らないことに手を付けると

 

プライドとか

我(が)とか

先輩の言葉を素直に聞けないとか

そのくせやるべきことをやらないとか

 

 

そんなみじめで情けない自分と

たくさん向き合う羽目になりました。泣

 

 

最初手を付け始めた時は

「これで自分が望む未来が手に入るぞ!」

と意気揚々としていたのに

 

 

本当に

自分にとって一番の敵は自分自身

ってしみじみ思い知らされました。

 

 

だって、こんなに自分が

 

身勝手で 

さぼりたがりで

言い訳ばかりして

自分の事を棚に上げて

他人を否定して

なんにもしないのにいっちょ前に文句は言って

とんでもないわがままだなんて

 

 

まったく思いませんでした。(´;ω;`)

 

 

指摘や注意を素直に受け止めるとか

言ってくれたことに対して感謝する

 

といったことが成功への近道だと

どれだけ頭ではわかっていても

 

 

それを「すっ」と受け入れて素直に行動に移せない自分が

本当に情けなかったし、

 

「だから結果が出ないんだよ」

 

と何度自分の内なる声に叱られ呆れられたかわかりません。

 

 

問題が目の前にあるのに、

そしてそれを解決する方法も見えてるのに。

 

 

それに手を伸ばさずに

見逃すことばかり考えてしまうのが

 

「本当の私の姿」なんだなと、

 

つくづく思い知らされました。

 

 

なぜ、理屈ではわかっているのに

ここまでさぼろうとするのかと言えば

 

もう答えは出ていて。

 

 

それは

「この挑戦で叶えたい未来が叶う」

という明確なイメージができていなかったこと。

 

 

もっと言えば、

「自分が何が欲しいのかちゃんとイメージできてない」

ということが原因でした。

 

 

欲しいもののためにしか人間は頑張れない

 

と「知識」ではわかっていたけれど

自分の中には全く落とし込めていませんでした。

 

 

そもそも今の環境を抜け出すということが目的で

モチベーションが保てるほど

 

私は現状に苦しんでなかったのだと思います。

 

 

だから、

「これやらなかったらこんな困ったことになる」

というリスクが見えてても

 

「うん、いいや後でやろう」

と普通に流してしまう。

 

 

だから私がモチベーションを求める対象は

「現状から抜け出す」レベルのイメージでは

全然足りなかったんだと思います。

 

 

それに

私が最初に考えた今回の挑戦の目的は

「安心を手に入れること」

でした。

 

 

でもそれって、

全然イメージできてないし

だから「すごく欲しい!」と感じるものでもなかった。

 

 

だって現に、多少つらいけど

それなりに暮らしてはいける。

 

ちょっとしんどいけど、

まったく我慢できないわけじゃない。

 

それなりに楽しいときもある。

 

もしかしたらこのまま、

自然と良くなっていくんじゃないか

 

 

そんな甘すぎる妄想まで持っていました。

 

 

そんな生活だから

これがないと人生お先真っ暗

という恐怖もほとんどないし

 

これまでにそういう経験もない。

 

できたらほしいけど、別に今大変な思いをしてまでは・・・

なんていう思いがどこかにあって。

 

人に指導をお願いする時には

「このままじゃまずい」

っていう恐怖があったのに

 

 

時間がたつと、やはり恐怖は薄れてしまうんだな、

と実感しました。

 

 

結果としてこの3か月間で手に入れたのは

与えられたモチベーションによって積み上げた

理解の浅い知識と

みじめで死ぬほどダサイ自分の姿です。

 

 

ちゃんと結果につながる努力のために

精一杯工夫したかと聞かれたら、

ちょっと自信ないですよ、正直。

 

時々人からのお誘いがあると

「ああ、これで今日は頑張らなくていいや」

なんて思ってるんですよ。

 

なのに「ちゃんとやってるの?」って質問を自分に投げかけると

「今日は調子が悪いから」とか言ってさぼるし

 

人に言われるとイラついてしまうし。

 

 

ほんと、格好悪い。

というか、ださい。

みっともない。かっこ悪すぎる。

 

そんなひどすぎる状況の自分に気づいたから、

 

変わらないといけない、

という決心が3ヶ月も立って

ようやくついたように思います。

 

でも、どこかでまたビビってるんです。

 

ああなりたい

こうなりたい

こんな生活がしたい

 

と思っても

 

「でもどうせ私みたいなダメ人間には無理じゃない?」

どこかでそんなことを考えているんですよね。

 

 

「そんなんだからダメなんじゃん」

「夫にばかり仕事を任せて」

「自分は言い訳して何にもしてないじゃないか」

そんな自作自演の声が、さらに私を否定します。

 

 

でも、このループも

いい加減そろそろやめなければなりません。

 

 

私がどれだけ自分を責めて満足しようとしても、

心が傷つくだけで、状況は何も変わらない。

 

 

行動するには心のエネルギーが必要なのに

そのエネルギーを削って自分を責めては

 

むしろマイナスだ

ということにもっと早く気付くべきでした。

 

 

何より、自分も他人も、

責めたところで何一つ状況は改善しないんですよね。

 

 

行動を起こして

微々たるものでも成功体験を増やさない限り

自分のことを好きになることはできないし

 

 

このままのマインドで放置してたら

以前の「自他認める役立たずな自分」に逆戻り

です。

 

 

もう、あんな思いはしたくない。

絶対したくない。

 

 

だからもう一度、立ち上がらなくちゃいけないと思いました。

 

 

この2週間、

本当にたくさん自分を責めました。

 

責めてもしょうがないのに、責めるのをやめられない。

 

責めることしか、したくない。

 

責めることしか自分にできることはないって。

 

せめて自分を否定して、

さぼってる自分の罪を帳消しにしようと思ってたんでしょうね。

 

 

自分を責めてる間は、

「やらない事実」を見ないで済むから、

 

 

頑張れない理由

を作っていたに過ぎなかったんです。

 

結局最後に

「ああ、また今日も何もしなかった」

と自己嫌悪するのはわかってるのに。

 

周囲の人間や自分自身に

「いい加減、やりなよ」

と思われてるのもわかってるのに。

 

 

けっきょく、どこまでいっても

できない理由は自分の中にしかないんだな

って思います。

 

 

この2週間だって、

きっともっと早く抜け出すこともできたはず。

 

それをやらなかったのは

結局自分の中の「めんどくさい」に流される心にありました。

 

それも、

幸せになるための方法がわかってるのに、

それすらもやろうとしない心。

 

 

ここまで来ると、もう他人には救いようがなくて。

「本人が幸せになりたがってないのに、他人が幸せにしてあげることはできない」

んですよね。当たり前だけど。

 

 

だから、自分で立ち上がるしかない。

そう思いました。

 

今日から私は、

「自分を責める」=逃げ

だと考えて生きていきます。

 

責めることは、さぼること。

自分を傷つけ、未来への道をつぶすこと。

 

 

なので私にとって「責める」という行為は

「逮捕案件」としてとらえていこうと思います。

 

要するに、

「責めてる暇があったら、なんか行動しなさい」

ということを自分に課す。

 

ということをしていきます。

 

 

だって、今までだって、

行動することで進んで、

自分を責めることで停滞してきたんだから。

 

 

もうこれ以上

同じことで転んでるようじゃいけないなって。

 

 

私の挑戦は

まだまだ始まったばかりです。

 

もっともっと、自分の人生を楽しく充実させるために

そしてそれを見た人に夢を見てもらうために。

 

私は自分の可能性を信じて歩き続けていきます。


私は、自己否定・超ネガティブ思考・人間不信とボロボロの精神状態から、多くの学びを得て問題解決力をつけてきました。

 

そのおかげで現在は、不安のない、自分の価値観に合った心地よい人生を送っています。

いきもが自責と不安と失望で真っ暗な状態から人生を180度変えた物語とブログの理念はこちら 

 ブログに書けない話は無料メルマガで発信中です。

心理学、宗教学、哲学、幸福学、人間行動学から学んだ、

「人に振り回されずに自分の求める人生を作り上げる方法」や 

「ありのままの自分」を受け止め

人との良好な信頼関係も手に入れて

自分らしく穏やかに快適に暮らすためのヒント になる情報を

無料のメールマガジンで発信しています。

詳しくはコチラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。