本音に正直になることの大切さ ~知ってるとやってるは別物~

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、いきもです。

 

ちょっとさっき、ハッとしたことがあったので

パソコンに向かってカタカタしています。

 

やっぱり朝はひらめきが多いですね。

大事にしたい時間です。

 

さて、今回は

知ってるとわかってるの違いの話から

本音に正直に生きることがなぜ大切なのか

という話をしようと思います。

 

これ、意外と大事。

 

知ってるだけじゃ行動に移せない理由が

これを読めば分かります。

  

知ってる、とは?

知ってるっていうのは、

知識が入ってる

ということ。

 

例えば

朝はやく作業したほうが集中できるとか

長時間作業するよりも短時間でばばっとやったほうが良いものができるとか。

 

本を読んだり人に聞いたりして知識やノウハウとして

持っているもの。

  

じゃあ実際にやるかというと話は別。

というやつ。

 

こうなっちゃう原因は

今のままでも別に問題ないと思ってる

ということ。

 

やったほうがいいのはわかってるけど

やらなくても別に困らない。

と思っているからなんです。

 

やってるとは?

では一方の「やってる」はどうでしょう?

 

これはさっきの例で言うと

・(いつも作業の質が悪くてブログが伸びないから)朝作業をやってみる

・(だらだら過ごしていつも自分を責めるのが苦しいから)時間を決めてやる方法を試してみる

というもの。

 

お気づきかと思いますが、

嫌だと思ってそれを解決しようとするから

「知ってる」が「やってる」になるんですね。

 

自分の本音、ちゃんとわかってあげてますか?

あなたは今の自分に満足できていますか? 

できてない人にはこちらもぜひ読んでみてください。

 

毎日過ごしていると

ちょっとした面倒なことや

ちょっとした問題が起こります。

 

でも、それを「解決しよう!」とわざわざ考えることはありませんよね。

以前の私もそうでした。

だから、毎日同じことで悩んでました。

 

パソコンの前に座っても一向にやる気が出ない

本を読んでも中身が入らない

 

でもこれ、すごく小さなことなんですよね。

無視しててもまぁなんとかなる。

 

そうすると、

「ちょっとやだな」って気持ちがマヒしてくるんです。

 

毎回嫌だなって思っていたのに

気づくと「それがフツー」って思うようになる。

 

そうすると。

変えようとする気がなくなるんです。

「別にいいや」って思っちゃう。

 

でも

もし、「今よりもちょっとでもいい方がいい」って思うなら

その小さな問題を1こずつ解決していけばいいんです。

 

そのためには

今の状況が「嫌だ」と思うことから初めればいいんです。

 

つまりそれは、自分の本音に素直になること

 

それができるようになったら

あなたの人生は変わり始めます。

 

人生を楽しく過ごしている人って、

実はわがままなんです。

「あれがイヤ」

「これがイヤ」

って、自分の心に素直なんです。

 

その素直な心を満たしてあげるために

「じゃあどうしよっか?」

って考えてあげてるだけなんです。

 

もう一度聞きます。

あなたは今の自分に満足していますか?

 

もしそうでないなら、ほんのちょっとだけ変わってみませんか?

 

ちょっと嫌だな

って気持ちに正直になってみませんか?

 

そして

じゃあ何をしたら嫌じゃなくなるかな?

って考えてみてください。

 

それだけで生活って変わってきますよ*

まとめ

まとめると

・「知ってる」だけじゃ人生は変わらない

・自分の「嫌だ!」という気持ちに正直になることが「やってみる」につながる

・「やってみる」ことが人生を変える

 

ということですね。

 

知ってるをやってるにするためのメソッドはこちらから↓

最後まで読んでくださり、ありがとうございました*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。