エンドレスマイナス思考すぱいらる

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

マイナス思考が始まると
もうそれこそずーーーーっと
下方向にマイナス思考が重なっていく時ありませんか?

私も以前はそんな思考をしてて
本当に辛かったし
いろんなことに無気力になってたんですよね。

でも、
そんな思考をしてしまうのは
ちゃんと理由があります。

何でもそうですが、
理由があることっていうのは改善できるんですよ。

ということで今回は
マイナス思考のスパイラルを止めるには?
ということについて語っていきます。

マイナス思考の原因

マイナス思考の原因は
①身体的理由
②精神的理由
の2通りあります。

①身体的な理由

おもな原因はホルモン。

人間にはセロトニンっていう
精神に関わる脳内ホルモンがあって

その量によって考え方や機嫌というのは
大きく左右されるんですね。

この脳内ホルモン、

ご飯野菜お肉をバランス良く食べるとか
ちょこっと散歩して日光を浴びるとか
お風呂に入るとか体を温めるとか

そんなことで増えるんですね。

私は専業主婦だった時に

孤独や自己否定が本当にひどかったんです。

何か夫と意見が食い違ったり
些細なミスをするたびに

「夫のことを認めてあげることも出来ないなんて」
「我慢することも出来ないのか」
「私はダメな妻だ」

といったようにネガティブに考えていました。

これがどんどんスパイラルにはまると

「本当は夫は私なんかと一緒になったことを後悔しているはず」
「こんな人間を作ってしまった両親も、きっと私の存在を疎ましく思っているんだ」
「周囲の友達も、本当は私と関わりたくないんだ」
「ああ、消えてしまいたい。」

と、どんどんネガティブが加速していました。

しかし、この対処法を半信半疑でやったところ

普段だったら3日以上続くような
どん底ネガティブマインドが

あっさり回復したことが何度もあります。

「なんであんなことに悩んでいたんだ?」
「さっきまであんなに悶々としていたはずなんだけどなぁ」

と不思議なくらい、楽になりました。

本を読んでも
一日中眠っても
自分の気持ちを文字にしても
元気の出そうなツイートを読んでも
夫に八つ当たりしないように一人になっても

まったく治らなかったのに。

こんなちょっとした物理的な対処法で
案外解決しちゃったりするもんです。

人間の脳とは不思議ですね。
ですがこの物理的な方法は、侮れません。

マイナス思考のスタートを防止することは出来ないけれど、
起こったネガティブな感情を早く消化することは可能でした。

で、それをやってもダメなら
②の精神的理由の話になります。

②精神的理由

これはとにかく

自分の思考の癖

を知っておくことが大切でした。

私の場合は、

「すぐ0か100かで考えてしまう」

という癖があって。

・誰かに指摘されると
自分のすべてを否定されたような気になってしまう。

・たった1人に否定されただけで
世界中の人が自分を否定しているような気になってしまう。

そんな思考の癖に長年気づかず生きていました。

なのでこれに気づいてからは
生きるのが随分楽になりました。

今までは

「私のすべてがダメなんだ」
「私のやることなすこと否定される」
「みんな、私が嫌いなんだ」

と思っていましたから。

「『この行動に関しては』、相手の癇に障ったようだ」
「『これさえやらなければ』、怒られないな」
「色んな人がいる中で、私と合わない人『も』いるんだな」

と、幅をきかせた思考ができるようになりました。

「私の全部がいけないわけじゃないんだな」
と客観的に自分を見つめることができるようになるんですね。

これ、本当に楽になりますよ。
結果的に自己肯定感を傷つけずに済むようになりましたから。

でも。マイナス思考→プラス思考なんてしなくていい

でも、結局の所

私はマイナス思考を完全になくそうとする必要はない

と思っています。

なぜならマイナス思考は

問題の解決にとても有効な思考だから。

不安や問題にぶつかった時、

プラス思考の人は

「なんとかなるさ!」「うまくいくさ!」

とその問題をきちんと向き合うことを

怠ってしまうことがあります。

思考することで問題は解決に向かうわけですが、

リスクや不安について考えることから逃げてしまうと

また同じ問題にぶつかった時にまた逃げることになります。

そうして問題にぶつかるたびに見ないふりを繰り返すと

知らない間に八方ふさがりになって

大きな失敗をしたり

知らぬ間に誰かに搾取される人生を送ることになります。

そうなると、

理由はよくわからないけど自分に価値が無いように感じる。

愚痴や自責が止まらない。

ちょっと立ち止まって考えることを怠ったせいで

お金や信頼など、大事なものを失います。

想像するだけで恐ろしいですが

楽観的であるゆえに

そんな人生を送っている人はたくさんいます。

一方、マイナス思考の人は派手に転ぶことはありません。

未来に不安を覚えては

そうなりたくなくて、精一杯対策をねったり

石橋を叩いて渡るような行動を取ったり。

時にちょっとやりすぎることもあるけど、

そうした行動が結果的に

自分を救ってくれた経験もたくさんありました。

例えば
・真面目でないと怒られると思ってそれなりに勉強してきたから、「頭が悪い」と馬鹿にされることはない

・車の運転で「こんな事故が起こるかもしれない」と常にビビっているので、免許取ってもう10年だけどずっとゴールド免許を更新中

・人の心を傷つけていないか、相手の心地よさは確保できているかに意識を集中させて生きているから、悪意ある仕返しや嫌がらせをされて傷つくことはほとんどない

これらは本当に自分がネガティブであり

その心配事を解消するために行動してきたから

成し遂げたことだなと私は確信しています。

私は人一倍傷つくことが怖いから、人を傷つける行為が大嫌いです。

人一倍責められるのが嫌いだから、人を責めるのが大嫌いです。

なぜなら他者は自分の行為の鏡といいますから、

そんなことをしたら何倍にもなって返ってくると知っているから。

だから自分がそんなことをしないように常に気を払って生きています。

でももちろん、それをわかってくれない人もいるから

時に理不尽なことをされたり嫌な思いもします。

でも自分がマイナス思考なことで守られているメリットが多いと思えば、

そういう意味で、マイナス思考って案外悪くない。

だからこそ私は

マイナス思考な自分を否定しないで生きていく

ことを選びました。

ただ、マイナス思考は行き過ぎると

心を傷つけ自尊心を減らしてしまいます。

そんな状況は苦しいし

せっかく自分を守るための最高の武器になるのにもったいないです。

なので私は

ネガティブスパイラルがあまり続かないようにするために

さっきお話したような

・食事、散歩、血行の改善

・思考の癖を知る(意識する)

といった方法を自分のペースで取り入れながら

うまくマイナス思考と付き合っています。

こっちのほうが

マイナス思考を否定することによる自尊心の低下や

プラス思考にならなくちゃ!というストレスと戦うより

よっぽど楽だから。

すぐにあれもこれも改善するのは大変だから、

まずはお散歩を取り入れてみることをおすすめします。

通勤時間でもいいし、お休みの日でも良いので、

できるだけお日様に当たる時間を5分でも10分でもとって

ちょっと息が上がるくらい歩いてみましょう。

普段よりちょこっと思考がクリアになって、

ネガティブな事を考えにくくなります。

ネガティブ思考が癖になっている人は

最初は

「なんだ、すぐネガティブになっちゃうじゃないか」

と思うかもしれません。

でも、これは徐々に慣らすことと

「ネガティブでしんどいからちょっと減らしてみよう」

という気持ちがあって成立するもの。

あまり気負わず、

ゆるりと取り組んでみてはいかがでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。