自分のやっていることが無駄かもしれないと気づいたときにやるべき3つのこと

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

 

毎日頑張っているけど、これって本当に価値のあることなのかな?って思うこと、ありませんか?

 

私は過去を振り返ると

ものすごく多いです。

  

今思えば「それなんの意味があるの?」ということばっかりやってきました・・・。

 

それに気づくことがなぜ大事かって話は、コチラから。

 

で、「こうして自分のやっていることが無駄だった」と気づいた人。

 

「もう何やってんだ自分・・・」

と落ち込むのはやめましょう。

 

なぜかって、落ち込んでいてもなんにも変わらないから。

 

厳しいかもしれないけれど、やるべきなのは、「ここからどうするか」です。

 

ということで、今回は

これからの努力を無駄にしないための3つのチェックポイントについて話していきます。

この3つにおいて合格のはんこが押せないものは、とっととやめてしまいましょう!!!!

 

ポイント1:目的は何?

まずは、最終的な目的をはっきりさせましょう。

何のためにあなたはそれをやってるんでしょうか?

 

これが例えば仕事であれば、

 

お金のため?そのお金は何のため?

自分の存在意義のため?その意義はどんな意義? 仕事を通して人に価値を提供できているから?

それが常識だから?その常識を押し付けてくる相手は誰?その人のために頑張る必要が本当にあるのか?

 

という風に考えてみたことはありますか?

 

改めて見ると、私達がやりたくないけどやることの動機ってたいてい

「社会的に後ろ指刺されないため」「人にやれと言われたから」

っていうのが多いんじゃないかと思うんです。

 

こんなことしたら(しなかったら)世間になんと言われるか、みたいなことばかり気にして行動してませんか?

 

やりたくないことを大事でもない人のために嫌々やる。

そんなの、ストレス溜まって調子悪くなって当然です。

 

私が思うに、やりたくないことやる時って、自分のためだけでいいと思うんですよね。

勉強だって、結果として自分にとって意味があるからやるわけで。

そうでないものはその人にとって価値がないと思うんです。

 

他人から嫌々やらされることには何の意味も価値もありません。

本人に「やる必要がある」という意思があって初めて、やりたくないことをやった時間が報われるんですから。

 

ポイント2:手段はまちがってないか?

次にチェックすべきなのは、手段です。

今やっていることがなりたい結果のために本当に役立つ方法なのでしょうか?

それをちゃんとわかって行動していますか?

 

例えば私は、部屋の片付けがものすごく苦手でした。

ようやく見つかったときにはもうとても使用できる状態じゃないくらい・・・

なんてことも多かったです。(特に服と文房具)

 

で、私はいつも「片づけ」をするぞと決めると、一旦全部引っ張り出して、またうまく収納し直していたんですね。

 

で、結局何が起こるか。

リバウンドです。

また部屋はあっという間にぐちゃぐちゃになり、見つけたはずのものは消え、見覚えのないものばかり見つかる。

 

で、私が何を間違っていたかっていうと

部屋をきれいにするための「手段」を間違えていたんですね。

 

部屋をきれいにするのに一番最初にやらなきゃいけないことって、収納じゃなくて「捨てる」ことなんですよ。

そこがそもそも間違っていたから、どんな収納方法をもっても部屋はきれいにならなかったわけで・・・。

 

手段を間違えているといつまでたっても目的は達成できません。

今やっていることが本当に結果につながっていますか?

そうでなければ、今やっている方法は捨ててください。もっと良い方法を探しに行きましょう。

  

ポイント3:行動に移せているか?

目的もはっきりしている。

手段もこの方法なら間違いない。

それでも結果が出ないのであれば理由はただ1つです。

 

ちゃんと行動に移せていますか?

 

はい。

これが、本当に本当に最後の壁でして。

 

目的はっきりさせるのも、手段を正しく選ぶのも、案外簡単なんです。

本音に素直になったり、人に聞いたりすれば達成できますから。

 

でも行動に関しては、本人がやるしかないんです。

結果がでないのは、やらないからなんです。

やってたとしても、結果が出るまでに達していないからなんです。

 

やればいいだけなのに、できない。

それが一番の問題。

 

だから私は、twitter上で「行動だ」「行動が大事だ」って言いまくってるんです。

 

これはもうね、コツとかじゃないんですよ。

実際に体で実現するしかないんです。

だって、目的も手段もはっきりしているんだから。

 

 

でも、人間だから。

やる気のでないこともありますよね。

 

そういう時はコチラの記事を参照してみてください。

 

まとめ

ということで今回は無駄な努力をしなくて済むようにするための3つのポイントについて話しました。

まとめると

・目的をはっきりさせる

・手段が正しいか(効率が良いか)確認する

・結果が出るレベルまでやる

ができれば、OK!ということですね。

 

せっかくやるならちゃんと結果に結びつくように、今後は私もこの3つのポイントを忘れずに記事を書いていこうと思います!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


私は、自己否定・超ネガティブ思考・人間不信とボロボロの精神状態から、多くの学びを得て問題解決力をつけてきました。

 

そのおかげで現在は、不安のない、自分の価値観に合った心地よい人生を送っています。

いきもが自責と不安と失望で真っ暗な状態から人生を180度変えた物語とブログの理念はこちら 

 ブログに書けない話は無料メルマガで発信中です。

心理学、宗教学、哲学、幸福学、人間行動学から学んだ、

「人に振り回されずに自分の求める人生を作り上げる方法」や 

「ありのままの自分」を受け止め

人との良好な信頼関係も手に入れて

自分らしく穏やかに快適に暮らすためのヒント になる情報を

無料のメールマガジンで発信しています。

詳しくはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。