いきもの時間管理術|迷う時間を減らそう!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

 

さて今回は、時間の管理術ということでお話していきますが、 

時間管理って、なんかうまくいかない

って思っている人、多いのではないでしょうか?

 

・やろうと思ってることは色々あるのに、なんか結局1日終わってた

・そんなに時間のかかる作業じゃないはずなのに、なんか長引いちゃう

 

そんな悩みを抱えている方。

私もそうでした。

 

が、知識をつけたことでこの悩みとおさらばすることができました。

今ではずいぶん時間に余裕ができて、やるべきこともやりたいこともどちらも叶えることができます。

 

今回はその問題を解決する1例として

無駄な時間(迷う時間)をなくそう!

という話をしていきます。

 

これがなくせるだけで時間は大幅に増えますから、ぜひ読んで実践してみてくださいね。

迷ってると、まじで何もできない

私は昔から優柔不断で、いつも決めごとをするのが苦手でした。

 

レストランで注文するメニュー、

着ていく洋服、

今日の晩御飯、

お誘いに乗るか否か、

旅行の宿泊先…etc

まったくもって優柔不断。

いつまでもいつまでも悩む挙句、結局下した決断になんかもやもやすることに。

 

そんな感じだったので、新しいことに挑戦するかどうかもいつまでももじもじしていました。

結局、悩み疲れて何もしないというのがお決まりのパターンで。

 

さんざん悩むだけ悩んで、状況は何も変わらないことにイライラすることもありました。

時間の無駄・・・と落ち込むことも良くありました。

 

迷う時間は消耗の時間

まず、人が1日に迷う時間がどれくらいあるかという話をしようと思います。

「いや別に悩んでることなんかないよ」

と思っているそこのあなた。

 

いえいえ、実は毎日超迷ってるんですよ

 

迷う= 悩むことです。

悩む=決断することです。

 

朝起きる時だって、

・起きるか起きないか

・洗濯をやるか朝食を作るか

・何を着るか

・朝何を食べるか

・トイレに行くか先に歯を磨くか

といったように、行動する前は常に決断の連続です。

 

決断するには、気力を消耗します。

私たちの気力はガソリンと一緒で、量に限りがあります。

 

日々の小さな決断1つ1つに

「どうしよう?」と迷う時間がかかることで、1日はあっという間に過ぎていきます。

 

なのでまずは、

迷いは1日の貴重な時間と気力をじわじわ削っていく

ということを理解しましょう。

 

ここに気づくことがすごく大事です。

迷う時間を減らすポイントは「即決」

ではそんな憎き迷いの時間を減らすにはどうしたらよいかと言うと、

さっさと決めてしまうこと。

 

さらにいうと

決断しなくてもいいようにあらかじめ決めておくこと。

 

「なんか難しそうだなぁ」

と思ったかも知れませんが、大丈夫です。

 

だって悩んでるときの決断って、あんまり結果に差がないことが多いから。

結果がどうなるかわからないから悩むんですよね。

決断の基準となるものがないから悩むんですよね。

 

結果というのは、起こってみないとわかりません。

それについていろいろ考えてもしかたないんです。

 

だったら、まず行動してみる

 

成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。

でもそれは必ず、次に生かせる経験になりますよね。

 

迷ってる時って、

・時間を無駄にしたくない

・損したくない

・嫌な思いをしたくない

ってことを考えてるときだと思います。

 

でもね、

結局、そう考えてる間にも時間は過ぎていくし、気力は無くなっていくんです。

1つ1つは短いからあんまり印象がないかも知れないけど、まとめてみるとけっこうな量だったりします。

(コンビニでつい買っちゃうお菓子の合計額を知ってびっくりする、みたいな)

 

だったら深く考える前に手を付けて、

「これ無駄だったな」と思ったらさっさとやめる。

それくらいの感覚でどんどんやってみたほうがいいと思うんですね。

 

だってやってみた時間は「経験」をくれるけど、

悩んでる時間は何もくれないし、なんなら罪悪感を持ってくるから。

  

どうせ時間を使うなら「経験」もセットで手に入れたほうがコスパがいい、と私は思います。 

 

そしてあらかじめ決めておく、というのもかなり効果が大きいです。

今日はこれをやる、A→B→Cの順にやる

とか決まっていればさくさく動けること、多いと思います。

 

決まっていればその通りに動くだけなので、決断によって気力が削られるのも減らせます。

 

試しに朝のルーティンの順番を固定化してみてください。

もちろん慣れるまではむしろ時間がかかりますが、 

一度慣れてしまえば、いつも準備に1時間以上かかっている人なら10分は短縮できるはず!

 

空いた10分で本を読んだりストレッチしたり、好きなことができますね。

これが毎日続くとしたら、気持ちの面でもスキルの面でもかなり大きな差になると思います。

必要ならば、やってみて!

ということで色々かきましたがまとめると、

・迷う時間は減らせる時間

・迷いをなくすには即決と前決

・迷う時間は何も産まないけど、さっさとやれば経験が増える

 

というお話でした。

皆さんの大事な時間が、1分でも有効に使われますように!

 


私は、自己否定・超ネガティブ思考・人間不信とボロボロの精神状態から、多くの学びを得て問題解決力をつけてきました。

 

そのおかげで現在は、不安のない、自分の価値観に合った心地よい人生を送っています。

いきもが自責と不安と失望で真っ暗な状態から人生を180度変えた物語とブログの理念はこちら 

 ブログに書けない話は無料メルマガで発信中です。

心理学、宗教学、哲学、幸福学、人間行動学から学んだ、

「人に振り回されずに自分の求める人生を作り上げる方法」や 

「ありのままの自分」を受け止め

人との良好な信頼関係も手に入れて

自分らしく穏やかに快適に暮らすためのヒント になる情報を

無料のメールマガジンで発信しています。

詳しくはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。