ブログは「聴いて」読むのがおすすめ

Pocket
LINEで送る

こんにちは、いきもです。

 

世の中には本当に役に立つブログがいっぱいありますね。

下手な本読むよりよっぽど有意義かもしれない。

役立つブログは絶好の学びの資料になります。

 

そして今回私が提案したいのがブログを「聴く」こと。

 

今こうしてブログを「読んで」いる方も多いと思うんですが、

私は断然ブログは「聴く」派なんです。

 

ブログを「聴く」といいことがいっぱい!

 

今回は、メリットデメリット含めてお話していきます。

ブログを「聴く」メリット

ブログを耳で読むメリットは以下の3つ。

・両手がフリーになる

・繰り返し読むのが簡単

・サーフィンしなくて済む

 

1こずつ見ていきましょう!

両手がフリーになる

まずはこれ。

想像つくと思うんですが、

目で読む作業って右手もしくは左手で

スマホを持たなきゃならないですよね。

 

そんで映ってる部分読み終わったら

親指でクイッてしないと続き読めないですよね。

 

最近は自動でスクロールしてくれる機種もあるけど、一定数進んだら止まっちゃう。

しかもそこから目を離せません。

 

でも耳なら?

両手も両足も動かせる!

ランニングしながらとか

お皿洗いながらとか

洗濯ものたたみながらとか

あんまり頭使わない作業の時に一緒に読むことができるんです!

繰り返し読むのが簡単

私だけじゃないと思うんですが、

ブログって1回読んで「ふーん」して終わり

ってことありません?

 

本当は何度も読み返したほうがいいような内容でも

「え、またあの長文読むの?」「ちょっとしんどいなぁ」

って気になる人もいると思うんです。

 

でもブログを「聴いて」読んでいるとしたら?

 

アプリが読み上げてくれるから、

私たちは「再生」をタップするだけ。

あとは放っておいても耳に自動で情報が入ってきます。

ぼーっと聞いていれば5分くらいで結構な量の文章を読むことが可能。

 

そんな手軽さがあるので、繰り返し読むことのハードルも

ぐんと低いのです。

サーフィンしなくて済む

「サーフィン?」

って思う人もいるかと思うんですが

これは「ネットサーフィン」のこと。

 

ブログってよく

「~について詳しくはコチラ」

って新たな記事が文章のなかに入っていることがあると思うんです。

これ、ブロガーさんとしてはたぶん

ブログ内の回遊率を上げるためのテクニックなんだと思うんです。

 

でも私は、

「一回最後まで読みたい」

のに

「見出しのワードが気になりすぎて結局見ちゃう」タイプ

なので少々困ります。

 

だって言った先の記事でも

さらに新たな記事のリンクが貼ってあったりして

「いやいつ読み終わるねん」

ってなる。

 

でも、「聴いて」読むスタンスなら

手でスマホを操作しないので、記事のリンクに指が伸びることもありません!

 

気になる見出しは、新たにアプリに登録して読めばいいのだ!

 

ブログを聴くデメリット

ちょっとでも頭を使う作業には不向き

人の情報が占める割合は視覚がそのほとんどを占めているといいます。

 

なので、

目の前のことが複雑になったり

緊急的なことが起こったりすると

耳からの情報はシャットアウトされてしまいます。

 

そうすると、飛ばし読み状態でちゃんと聞くのは難しいですね。

アプリの精度が低いと誤字が気になる

最近は読み上げアプリもかなり進歩してきていると思いますが

多少の読み間違いは避けられないかな、と思います。

そこはまぁ、想像力で補うか後で確認ですかね。

  

ちなみにアプリの読み間違いで一番笑ったのは

「正義(せいぎ)」が「まさよし」になった時ですね。笑

とりあえず使ってみて!

何ごとも一長一短ですが、

耳で聴くというのは結構時間を有効に使えると思います。

忙しくて勉強する時間がない人とかは一度使ってみるのをお勧めします*

 

ちなみに私が使っているのはpocketというアプリです。

webページを保存して読み上げてくれるアプリです。

無料ですし、読み終わったらアーカイブしておくことも可能なのでぜひ使ってみてください*

 

他にもAudibleなどの「聴く書籍」なども様々な本が耳で聞けるので

ぜひお試ししてみることをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

HSP内向軽度ADHD 不安と卑屈でいっぱいの人生を心と頭に関する知識で改善。 知るだけで生きやすくなる思考を発信中。 ●刺激少なめゆとり生活 ●ギクシャク関係だった夫と円満化 ●過干渉な母との関係改善 ●人見知り克服 ●信頼・感謝の人間関係 ●自分に合うお仕事発見 ●注意欠如やパニックによる失敗の激減 3度の飯と読書がすき。